Category Archives: アート・文化

2018年こたつ映画祭無事終了しました!

これまた報告が遅くなりましたが、アバリストウィス会場でのこたつ映画祭も無事に終了しました。 今年はなんとアバリストウィス会場も2日間の開催!昨年に続き今年も上映本数が増え、こたつ映画祭はまたまたちょこっと成長することができました。 どの作品も素晴らしいのですが、今年の目玉は「未来のミライ」!!配給さんのご厚意で、なんと主都カーディフよりも先に見れるというウェールズ地方先行上映が実現できました。 私も見ましたがとてもよかったです。うちも子供が二人なので、上の子が嫉妬するのはありあり。旦那がほかのお母さん方の前でいい恰好しーなのもありあり。(笑) これから「未来のミライ」を鑑賞!という期待いっぱいの観客。会場は自然に囲まれたアバリストウィス・アーツ・センター。なんと映画館には、4Kプロジェクターがあって、画面がむちゃくちゃきれい!羨ましいです!!! そして、今年から観客賞というのを導入いたしました。実は前々からやったらいいかな、と思っていたのですが。(導入すると書状をデザインするのはギャリーで、ますます彼の作業量が増えるので、それも考えつつ。でも快くデザインを引き受けてくれました。) 2018年 今年の観客賞は、 Chapter 会場 岡田麿里監督作「さよならの朝に約束の花をかざろう/ Maquia: When the Promised Flower Blooms」 Aberystwyth Arts Centre 会場 細田守監督作「未来のミライ/ Mirai」 となりました。 どの作品も素晴らしかったのですが、私としては女性の作品も選ばれたことがとてもうれしいです。「さよならの朝に約束の花をかざろう」の上映後に、目を真っ赤にさせた女性が数人私の方によってきて、 「こんなに素晴らしい作品を上映してくれて、ありがとう」とお礼を言われました。その後ろに立っていた目をうるませている男性が、無言で何度もうなずいていたのも印象的でした。 まだまだ男性の監督が多い世の中、こたつではこれからも女性監督の傑作をどしどし上映したいと思います! ちなみに、合田監督の作品群でお客さんが一番気に入りは、「モリモリ島のモーグとペロル 」でした!なんと、どーもくんやこまちゃんを抑えての1番人気。なかなかやるなーモーグとペロル! 観客賞はこれからも続けていこうと思います。 最後になりましたが、8月のブログに書いた、某助成金団体。今年初めて、助成してもらえました!イギリスで日本のアニメーションを上映する映画祭という、かなりニッチ(と思われていた)こたつが、開催から8年目にして、今年初めてイギリスの助成金団体からお金をいただけました。 今年はAnim18にも仲間入りできて、そこはからも助成してもらえ、いろいろと関わりを持てる団体が増え、そのことによってこたつ映画祭の名前をより多くの人々に知っていただけることができたと思います。 まだまだ助成金の報告書作成に追われていますが、とりあえずひと段落。 また時間を見つけて、Chapterでのこたつ映画祭の報告をしますね。 なにはともあれ、今年もスポンサーや応援してくださった方々など、皆様に大変お世話になりました。今後ともこたつ映画祭へのご支援をよろしくお願いいたします。

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム, アート・文化, イギリス | 2 Comments

ジャパン・デイ無事に終了!

5月27日にカーディフ図書館で開催された、ジャパン・デイ、無事に終了しました。 私は今回ちょこっと写真を撮りに行っただけですが、明日香さんのワークショップなど、大盛況だったようです。子供も連れて行きたかったんだけど、娘が高熱のため断念。息子の甚平と娘のゆかたもスタンバイしていたのですが。まあ子供はすぐ熱を出しますわい。 4年前に初めてイベントを企画された司書のプリティさんにもお会いできて、よかったよかった。これからもジャパン・デイが定期的に行われるように願ってます。

Posted in アート・文化, イギリス | Leave a comment

Japan Day 今月開催!

今月5月27日、カーディフ図書館でジャパン・デイが開催されます。折り紙や琴の演奏などもりだくさん。 わたしは今回イベントなどで参加しませんが、ふつーに遊びに行きます。お近くにお住まいの方はぜひどうぞ!  

Posted in アート・文化, イギリス | Leave a comment

Cardiff Independent Film festival

みなさまこんにちは、日本はゴールデン・ウィークですね。 ちょっとブログをお休みしてましたが、先月日本に帰ってました。二人の子連れでの帰国は大変でした..2才の息子が脱走しまくり、私きれまくりでしたわ。楽しかったような、疲れただけのような。 直美は着いたばかりの時は、「お父さんに会いたいからもう帰りたい〜」なんて言ってましたが、イギリスに戻る頃には「タイ焼きとメロンパンが好きだから帰りたくない〜」とだだをこねてました。お父さん、お菓子に負けてます。(笑) 今年もまんが喫茶には行けませんでしたが、結界師はなんとか全巻読破、「この世界の片隅に」も広島のサロンシネマで鑑賞できました!最後は涙涙の素晴らしい映画でした。 縁があって、いつもこたつで文章を書いてくれてるジェイソンが現在ワーホリ中で日本にいて、広島に遊びに来てくれました。私と彼と別々の日でしたが、二人とも「この世界」を見て、感想を述べて。まさか彼と広島でお茶するとは、人生分からんものです。  さて、今週末チャプターでCardiff Independent Film festivalが開催されます。4年目という比較的新しいこの映画祭では、短編アニメーションも上映されます。私も見に行きます。  まだ時差ぼけでいつもよりてきぱきしてませんが、ぼちぼちやっていきますわ。

Posted in アニメ・コミック・ゲーム, アート・文化, イギリス | 3 Comments

Cardiff Children’s Lit Festival

今月と来月、カーディフでCardiff Children's Lit Festivalというイベントが開催されます。 今回で5回目のこのフェスティバルは、子供の本の著者を招いてのイベントが目玉。いつも行きたかったのですが子供がまだ小さかったのでパスしてましたが、今年は行くぞ! 「ODD DOG OUT」という本、私が好きで子供のためといいつつ自分で読んでいたのですが、なんとこの本の作者のRob Biddulphさんも4月2日、イベントに参加されることに。会場はカーディフ城です。 この本は、他の犬と違う犬が周囲に溶け込めずに自分探しの旅に出るお話。日本だと「周りと同じように、目立たないように」という風潮ですが、この本は「他と違ってていいじゃん!」という個性を尊重する内容です。 おたくで周りから浮きまくってる私も、この本に励まされてます。ほほほ。子供だけでなく大人にもお勧めな一冊です。

Posted in アート・文化, イギリス, イギリスで出産、子育て | Leave a comment

こたつ報告〜アバリストウィス、10月29日

  さて最後のこたつ報告。今年のこたつ映画祭最終日は、10月29日にアバリストウィスで行われました。 一部の方はお気づきかもしれませんが、他の会場では上映していない作品「ジョバンニの島」、アバリストウィス・アーツ・センターでのみ披露となりました。 というのもですね…実は大人の事情がありまして、どたんばで急遽1作品差し替え!となり。(苦笑) いや〜あれは焦ったな〜。(ここから回想シーン) 時は遡ること数ヶ月前。こたつ業務を終え、子供も寝かしつけた後。さ〜サミュエルのミトンの続きでも編もうかしらん、なんて思っていた夜。 まったりする前に、念のためこたつアカウントのメールをチェックすると、なんとアバリストウィスのギャレスから「かくかくしかじか、上映作品の確認をして欲しい」とのこと。 諸事情あって、当初上映を予定していた「ジーニアス・パーティ」ではなく、他の作品を希望とのこと。 ええ〜〜!その変更今ですか?29日まであと数週間しかないんだけど.. 早速ギャリーにメールして、私と同じようにびっくりしてもらって。ま、ギャリーに言ったらそれでだいぶ私は精神的に落ち着くので(彼はどうだか知りませんが、笑)、変更するべくプランA、B、Cを用意して。 最終的には、学校が休みなハーフタームの週の土曜日に上映する作品なので、年齢制限のないPG作品「ジョバンニの島」を配給会社のアンドリューに貸してもらいました。(プランA) 迅速な対応、ありがとう! よく、「こたつって毎回いろいろありますよね」とか「変更があってパニクりませんか?」と言われますが。 もちろん、慌てます!! でも、そこでわーわー言い続けても誰も代わりに問題解決してくれないので、とりあえず私の対処法としてはギャリーに愚痴り、ブログでネタにして、それから考えてなんとかするようにしています。 ギャリーが割と建設的な考え方の持ち主で、「問題があってびっくりしたけど、なんとかなったからいいじゃん」というスタンスなのでそれを見習うようにしています。こたつのためにもギャリーが長生きしてくれますように。(切実です!!) とまあ、上映作品も決まったので問題解決。 アバリストウィス会場のいいところは、私ものんびり作品が見れること。「ジョバンニの島」、「花とアリス殺人事件」、「ハーモニー」を見ることができました。 「ジョバンニの島」、予備知識なしで見たのですがこんなお話だったんですね。ソ連の収容所の話がでてきたり、本当に戦争というものはたくさんの人々を悲しませるものです。悲しい話で私も泣いちゃったけど、アニメのタッチのせいか重くなりすぎずとてもよかったです。 そして「花とアリス殺人事件」!岩井俊二監督やっぱすごいわ。「スワロウティル」は映画館で見ましたが、近年作品をチェックしてなかった自分に活を入れとかなきゃ! チャプター会場で作品を見た人が口々に「おかしい、面白い」と言ってたのですがなるほど。人を笑わすのって時に難しいけど、たぶんこの作品に限ると「予定調和を崩す」事で人々が笑うんじゃないかなーと思いました。 たとえば、映画のラスト。(ネタバレになるので嫌な人は読まないでください。) 学校へ行く途中、アリスと花、二人ともセーラー服を着て顔を合わすシーン。ここで「学校に行けるようになってよかったね、花。」見たいな台詞を予想しちゃいそうなんだけど、二人が言った台詞は 「似合わねー」。 会場にいたイギリス人も思わずぷっと吹き出してました。 いやー監督、やるね〜。台詞選びのセンスが光ります。 最後に「ハーモニー」。映像がとてもきれい。話はとても興味深い設定で、なるほど〜そうなるのかぁとひたすら感心。ネタバレになるのであまり触れませんが、とても深刻で重いけど面白い作品でした。  そうそう、今年からアバリストウィス会場でもラッフルくじを導入しました。ここでは私が壇上に上がって抽選をしました。手に持ってるのは、Ami Natureに寄付していただいた松本かつぢコラボ 無添加ナチュラル駄菓子です。 そして、目玉の諏訪プロデューサーのサインは彼女に当たりました! 本当は他の男性に当たったんですが、その人がボクよりも彼女の方がコナンが好きだろう、と譲ってあげてました。 優しいこういう男性って絶対もてる!(みんな、メモして!!) ということで、今年から3会場に増え4日間開催と拡大したこたつ映画祭、無事に終わりました。 今年はほぼ息子を預けずに準備したので大変でしたが、たくさんのスタッフといろいろ寄付してくださった方々のご厚意で開催できることができました。 来年は、Englandにも拡大したいな〜。大学でもイベントしたいな〜。日本から誰かお呼び出来たらいいな〜。 と、希望は大きく!実現できるかどうかは置いといて。 あれこれやってくれてるギャリーの機嫌を取りながら、またぼちぼちやっていきたいと思います。 みなさま、来年もよろしくお願いします。

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アート・文化, イギリス | 2 Comments

こたつ報告〜スウォンジー、10月18日

みなさまお待たせしました、映画祭結果報告の続きです。 今年のこたつはまたまた規模を拡大、10月18日、スウォンジーにあるタリエシン・アート・センターで初巡回しました。 こちらはスウォンジー大学の中にあるアート・センター、チャプターの小さめ版のいったところ。講堂が一つあって、そこで映画上映だけでなくお芝居などの催しも開催しています。とても広い講堂で、演劇などの使用も視野に入れているので席の傾斜角度がとてもよく、映画も前の人の頭が邪魔にならずとても見やすいつくりになっています。素敵でした! 講堂が一つしかないため、ここでは「百日紅」のみの上映となりました。欲をかけばあれもこれも上映したい、っていうかもっと上映してくれ!というのが本音ですが、1作品だけでもこたつの演目から選んでいただけただけでも感謝しなければいけません。来年も巡回できるかはまだ分かりませんが、客入りもよかったので今後交渉します。 上映にはスウォンジーにお住まいの陽子さんも、お友達を誘って見に来てくださいました。ありがとうございます。 チャプターではどたばたしていて見れなかった「百日紅」、タリエシンの大画面で見ることができました。いや〜面白かった。北斎のことはもちろん知っていたのですが、病が嫌いとか目が見えない息子の話などあまり知らない人物像も描かれていてとってもよかったです。あと北斎漫画を書いているシーンがあって、美術ファンはにやりとさせられるかも。 チャプターで映画のラストまで座っていなくて2回も痛い目を見たので、今回は最後の最後まで座ってみました。(笑) それにしても、映画が素晴らしかったのはもちろんのこと。 長年の椎名林檎さまファンの私としては、劇中に使われていた「最果てが見たい」が映画館で聞けて大興奮。 こんなイギリスの田舎(失礼)の映画館で、しかも大画面で! なんて、なんて素晴らしい! 他のお客さんと映画を見ながら、「この地にこの映画を持って来たのは、私なんだよなぁ」と、ちょっと感動しました。普段雑務に追われ、結構忘れがちです。 ちなみに、チケット売り場で私用のチケットを求めたところ、「学生ですか?」と聞かれました… 6年やってますが、まだまだ映画祭ディレクターの貫禄は身につきません。がんばるぞ!

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム, アート・文化, イギリス | 4 Comments

チャプターでのこたつ映画祭、大成功!

チャプターでの映画祭が無事に終わり、一息つきました。 さて、結果報告からいきますと、今年から土日と2日間のイベントになったので、過去最高の集客でした!お客さんの反応も大変よく、私もほっとしました。 やっぱ、土曜日だけだとこたつ、収まりきらんわ。(笑)2日間のイベントだったので、私もマーケットプレイスが落ち着いた後の夜に「サイコパス」と「ジーニアスパーティ」、「屍者の帝国」と3本見れました。いや〜こんな大作がカーディフで見れて幸せじゃわ。後の作品は、別の会場で見れますように.. 今年は着物を着る予定でしたが、詳しい人に聞いたところ「肌襦袢がないよ」とのこと。 なにっ? こないだ日本に帰ったときに小ものとか全部そろえたつもりでしたが、子連れで行ったので買い忘れていたようです。 あ〜やっぱりうっかり八兵衛。なんで来年ね! しゃーない、今年も浴衣となりました。 ありがたいことに、毎年壇上に上がるたびにお客さんが増えております。ちなみに右の最前列に座っているのがこたつサイトやちらし、あれこれ文句を言わずに淡々とこなしてくれるありがたいギャリーです。今年もがんばってくれました。 今年は映画上映以外にも、上の写真の貴奈さんと音楽家率いる音楽イベントを開催したり、明日香さんがロンドンから来てくれてマンガのワークショップを開催したり。もりだくさんでした。 ほんでもってうちの天才アニメーターは子守を引き受けてくれました。毎年ありがとう! 詳しい報告はまた次回!

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム, アート・文化 | 3 Comments

悲願達成!生ケビン様を拝む..

すっかり遅くなりましたが、ロンドンミーハー週間の続き。 私はジョージ・クルーニーとケビン・スペイシーのファンである。段々ネタになりつつあるジョージラブは置いといて、本命はケビンさまであった! そのケビン様、2003年からロンドンのオールド・ヴィック・シアターの芸術監督をされてまして、一時は倒産の危機にあった劇場だが、彼が資金を提供して現在も素晴らしい劇を上映し続けているんです。 んでもって、今年の目玉はケビン様が主役を演じる「リチャード3世」。いやなやつを演じたら右に出る人がほとんどいない彼には最適の役柄でしょう。(注:褒めてます)しかもあなた、監督はなんとあの「アメリカン・ビューティーの」サム・メンデスですよ。これは見逃せないでしょう。  ケビン様の「ユージュアル・サスペクツ」での卓越した演技。カイザー・ソゼの名は今でも忘れられないわ..  去年から待っていた私も早速チケット予約の電話をするが、案の定もうほとんど残っていない。それでも45ポンドの2階サークル席をなんとか確保し、実際自分の席に座ってみると、う〜む。ケビン様..遠い。 じつは85ポンドのプレミア席も一枚余ってたんじゃけどね、う〜ん。ちょっと躊躇してしまいました。その値段だったら、2回見れるよね? 後で「ちょいちょい、生でケビン様をおがめるチャンスなんてあんた、一生にあるかないかよ!」という自分のなかのおばちゃん魂に叱咤される。 プレミア行っとけばよかったかな〜とちと後悔.. でもおばちゃん、またガス代と電気代が値上がりするんだようぅ..ってもう上がったんだっけ?とつい生活を心配してしまう小心な私。  さてさて、肝心の内容はというと、文句なしに素晴らしかった。 抜群に目を引くのはやはりケビン様である。彼が演じるリチャード3世、嫌われ者でありつつも暗くなりすぎず、どこか滑稽さも残しつつ悲哀もにじませるというバランスがやはりすごい。 なによりはっとさせられたのが、彼がとるポーズがいちいち美しいこと。ただ隣にいる人を指さしているだけなのに、ものすごく説得力がある。これはアニメーションも同じだなぁ、としみじみ実感。美しく動かすことも大事だけど、優雅に止めることもまたアニメーションでは重要なのである。 メンデス監督なだけあって、巨大なスクリーンや映像も取り入れた斬新な場面がいくつかあり、時に「これはちょっとスパイスが効き過ぎでは..」とも思ったけど、新しい解釈に挑戦する作家、そしてそれを受け入れるロンドンは偉大だと思う。  しかし3時間に及ぶ長丁場でさすがに終わりのほうはぐったりしてしまい。ラストもまたすごくて「うわ〜監督やるなぁ」といろんな意味で感心しました。 劇場を出て帰ろうとすると役者さんの通用口あたりで出待ちをする人々を目撃。わ〜私も若いころはがんばって待ってサインをもらったな〜と思い出しつつも、あのころの自分は元気だったと再確認。シェークスピア劇を見た後でさらにねばる気力はないわ〜。  感動収まらぬ面持ちの観客を横目に、彼らがケビン様に会えるといいなぁ、と願いつつ劇場を後にしたのでした。

Posted in アート・文化, イギリス | Leave a comment

chapter アートセンター

昨日はトルコ版スタートレックの無料上映を見に、チャプターへ行ってきました。 ここは、ギャラリーやバー、映画館もあるアートセンター。シネツインやサロンシネマのようなミニシアター系です。 と言っても、イギリスは(特にウェールズは?)芸術への助成がしっかりしているので、全然ミニではありません。 最近建物の改修工事が済んで、バーがより広く、新しくなりました。食べ物もおいしいのでいつも大賑わいです。 パソコンができるコーナーがあったり。ここでは日中チャプターの職員さんが仕事をしていることも。 「崖の上のポニョ」は3月に公開。声優さんはケイト・ブランシェットやマット・デーモンと、豪華です。

Posted in アート・文化 | 2 Comments