こたつ映画祭(カーディフ会場)の報告その2。

ほいでもって、ゲストによるワークショップ第2弾として実際に撮影で使われる人形を使ってアニメーション・デモンストレーションを行っていただきました。

最終的に映画祭のプログラムを決めるのに、すべてのイベントの時間配分を計算しないといけなくて、わたくしいろいろと悩んでおりました。

スタッフのギャリーに、

「ねぇ、アニメーション・デモンストレーションって何時間くらいやってもらったらいいかしら。私峰岸アニメーターが人形を動かすのをずっとずっと見ていたいから、もし長時間だったらこたつ当日仕事にならないかも!」と相談すると

( ゚д゚) ぽっかーんとされました。

結構深刻な悩みだったのに。。。ひどい!!

(。´・ω・)ん?

まてまて、これは普通の人は悩まない、おたく限定の悩みかも??

 まあその後ちゃんとデモの長さも決まり、これまた奇跡的に機材トラブルもなく無事に開催できました。なんと普段日本ではアニメーション・デモンストレーションにはこまちゃんを使われるそうで。イギリスではどーも君の方が広く知られているので無理を言ってどーもくんで実演をしていただきました。

そしてさすが峰岸アニメーター、人形を動かしながら参加者の質問に次々に答えてくださいました。

これまたお客さんの感想を聞いて面白かったのが

「人形アニメーションは時間がかかるから、ロボットを導入したらどうですか?」とか

「アニメーション・デモンストレーションって、ただアニメーターが人形を動かすのを見てるだけなんだと思ってたけど、動かしながら質問にも答えれるなんてすごい!」との声。

会場にはアニメーション選考の大学生さんや毎年来てくれる常連さんもいて、どんどん質問してて、彼らの本気度も見れてとても嬉しかったです。

ほんまこの時間は贅沢よー。と、横で通訳しながら感動する私。

お二人とも、はるばる日本からありがとうございました。

 今回も、全部は見れませんでしたが忙しくない時間帯に上映された作品を何作か見ることができました。「思い出のマーニー」を見て観客と一緒に涙目になり、「夜明け告げるルーのうた」の歌を口ずさみ。自分で言うのもなんですが、素晴らしい作品がこたつ映画祭でたくさん上映できてとても幸せだと思います。

私のブログを読まれている日本の方はきっと

「イギリスの人に、アニメが理解できるの?」「日本人の私たちが面白いと思うものが、海外の人でも同じように笑えるの?」

と思われるかもしれません。

理解、されてます。

だって日本でもシャーロックホームズは人気だし、紅茶も飲まれてるし。

いいものは国境を越え、人種の違いを取り払い、受け入れられます。

 だからもし何かやりたいことがあったら、自分を信じて、回りの否定的な意見に振り回されず自分のやりたいことを貫いてほしいなと思います。(違法じゃない範囲でね!)

 来年でこたつ映画祭も9回目。なんだか嘘みたいだけど、10周年ももうすぐです。こたつ映画祭で上映してほしい作品のリクエスト、自分を呼んでください!なんてゲストの方も大募集中です。スポンサー企業もどしどし募集しております。

 これからも、こたつ映画祭をよろしくお願いいたします。

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム, アート・文化, イギリス | Leave a comment

こたつ映画祭(カーディフ会場)の報告。

みなさまお待たせしました。やっと映画祭のごたごたが落ち着き、少しブログを書けるようになりました。

2018年のこたつ映画祭は、これまた支援してくださるお客さんのおかげで、チャプターでの上映作品が昨年より3本増加、アバリストウィス会場が1日から2日間の開催になり、各段に作品の上映本数が増え、またまた映画祭として成長できました。ありがたや。

毎年カーディフ会場が好評なので、金曜日の上映本数をもう1本増やしたいなと思いチャプターの担当者に、

「あの、金曜日にもっとこたつで作品を上映したいんだけど、どうですか?」と聞くと

「じゃあ、4本上映していいよー。」とのこと。

え?

あれ?

私は2本分の枠をもらえたら御の字と思っていたので、即答!

「やります!4本!!」

イギリスでやりたいことを実現する秘訣は、なんでもダメもとで聞いてみる。とにかく交渉。

これにつきますな。

 

 ちなみに、うちの娘は学校のお芝居で、羊飼いの役だったのですが

「きらきらの羊飼いの衣装を着たい。」とのこと。さすがにだめだろうと思いつつ聞くと

先生も渋い顔をしながら

「うーん。いいでしょう!」との答え。

ええ?いいの??

なんでもありです。イギリス。(笑)

 

 さて、話をこたつに戻しますが。映画祭では、毎回それまでにやったことのないことに挑戦する、ということをテーマにしてます。

今までは映画祭を開催するだけで精いっぱいだったのですが、私も他の映画祭から学んだり、いろいろ手伝ってもらえる人々や団体が増えたので、昨年から毎年日本のゲストをお呼びしていて、この伝統は続けたいなと考えています。。

今年は、どーもくんの生みの親合田監督峰岸アニメーターに映画祭にお招きいたしました。

で、何が今年新しかったかというと。それはゲストによるワークショップ

昨年の伊藤教授のときは、講演と作品上映だけだったのですが今回は映画祭としてより教育的な面も打ち出そうと、合田監督によるキャラクターデザインのワークショップと、峰岸アニメーターにはアニメーションデモンストレーションを行っていただきました。

写真は、合田監督によるワークショップの様子です。

参加者はこんな素敵なキャラクターをデザインしていました。

先日ブログでも書いたのですが、なんと合田監督自らによるキャラクターデザインのワークショップは今回のこたつで初めての開催!参加者は貴重な体験ができてとっても喜んでました。

合田監督は、みんな楽しんでもらえたのだろうか?なんておっしゃってたんですが参加者に話を聞くと

「ただただ感動している。」。。。なんて人もいたり。よかったね!

 印象的だったのが、はがきにサインをしてもらった女性が

「1枚は私用で、もう一枚は私の友達にあげるの。彼女はどーもくんが大好きで、通学にいつもどーもくんのかばんを使っていたのよ。」

なんてここがイギリスとは思えない会話。おそるべし、どーもくんの国際的な人気!

 それにしても、合田監督は、目の付け所がとっても面白くて素敵な方でした。ぜひ将来、本を書いていただきたいとファンは思います。

まーぶっちゃけた話、合田監督も峰岸アニメーターも超大御所なので、この図々しい私がゲストとしてお呼びしてもよいかどうかちょっとためらっていたのですが、

「そこはイギリスみたいに遠慮せずに、好きな人を呼んだらいいんだよ!」と優しい合田監督にアドバイスをいただきました。

そ、そうかぁ。そうなのかぁ。つい日本相手だと必要以上に遠慮してしまう私。これからは遠慮せずになんでも聞いてみようと思います。

そして、他にも今年初めてなことがありました。それは実写映画の上映

こたつ映画祭は、日本アニメーション映画祭なんで、まあ当たり前の話ですがアニメをいつも上映しております。ライターのジェイソンと、日本映画祭(実写作品のみ上映)とかもできたらいいねーなんて言ってて、さすがに1年に2つの映画祭も開催できるほど予算できないのでまあ無理だね、なんて言ってたんですが。

アニメ・漫画が原作の実写映画を上映するという手があったのじゃ、皆のもの!

ってなことで今年は実写版の「東京喰種」を上映しました。

かなりグロい話なので、実写だとどうなるのかな、とホラー映画が苦手な私は心配していたのですが、そこまでヘビーになりすぎず、CGも素敵な感じで、蝶々の羽根のようなのとか、とても美しく表現されていて、素晴らしかったです。

俳優さんたちもとってもよくて、まーあなた、蒼井 優の演技が素晴らしい!

しかも続編映画が来年公開だそうです。楽しみ!

 

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム | Leave a comment

プリマスのAnimamgapopでアニメトーク!

ふー。助成金書類もだいぶ片付き、あとは残す2つ。やっと映画祭の後処理も落ち着いてきました。

さて、来年の2月9日(土)10日(日)イギリスのプリマスで開催されるAnimanga popというイベントに招待していただき、アニメ・(オタク)トークをさせていただくことになりました。

いつもこたつ映画祭のマーケットプレイスに出店してくれる、Keep It Secret!のマークが、自分が主催するイベントに呼んでくれました。ありがとねー、マーク!

ゲストは写真のyoutuber、Kelsy・Ellisonさんとか華やかな人々ばかりで、い、いんだろうか私で。(笑)

来場者は若い人がほとんどで、その客層はきっと新しいアニメしか見たことがないので、日本の古いアニメーションや普段見れないような短編、そしてこたつ映画祭で過去に上映した作品も紹介しようと思ってます。がっつり映画祭も宣伝してきますよ!

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム, アニメーション作家活動, イギリス | Leave a comment

2018年こたつ映画祭無事終了しました!

これまた報告が遅くなりましたが、アバリストウィス会場でのこたつ映画祭も無事に終了しました。

今年はなんとアバリストウィス会場も2日間の開催!昨年に続き今年も上映本数が増え、こたつ映画祭はまたまたちょこっと成長することができました。

どの作品も素晴らしいのですが、今年の目玉は「未来のミライ」!!配給さんのご厚意で、なんと主都カーディフよりも先に見れるというウェールズ地方先行上映が実現できました。

私も見ましたがとてもよかったです。うちも子供が二人なので、上の子が嫉妬するのはありあり。旦那がほかのお母さん方の前でいい恰好しーなのもありあり。(笑)

これから「未来のミライ」を鑑賞!という期待いっぱいの観客。会場は自然に囲まれたアバリストウィス・アーツ・センター。なんと映画館には、4Kプロジェクターがあって、画面がむちゃくちゃきれい!羨ましいです!!!

そして、今年から観客賞というのを導入いたしました。実は前々からやったらいいかな、と思っていたのですが。(導入すると書状をデザインするのはギャリーで、ますます彼の作業量が増えるので、それも考えつつ。でも快くデザインを引き受けてくれました。)

2018年 今年の観客賞は、

Chapter 会場 岡田麿里監督作「さよならの朝に約束の花をかざろう/ Maquia: When the Promised Flower Blooms

Aberystwyth Arts Centre 会場 細田守監督作「未来のミライ/ Mirai」

となりました。

どの作品も素晴らしかったのですが、私としては女性の作品も選ばれたことがとてもうれしいです。「さよならの朝に約束の花をかざろう」の上映後に、目を真っ赤にさせた女性が数人私の方によってきて、

「こんなに素晴らしい作品を上映してくれて、ありがとう」とお礼を言われました。その後ろに立っていた目をうるませている男性が、無言で何度もうなずいていたのも印象的でした。

まだまだ男性の監督が多い世の中、こたつではこれからも女性監督の傑作をどしどし上映したいと思います!

ちなみに、合田監督の作品群でお客さんが一番気に入りは、「モリモリ島のモーグとペロル 」でした!なんと、どーもくんやこまちゃんを抑えての1番人気。なかなかやるなーモーグとペロル!

観客賞はこれからも続けていこうと思います。

最後になりましたが、8月のブログに書いた、某助成金団体。今年初めて、助成してもらえました!イギリスで日本のアニメーションを上映する映画祭という、かなりニッチ(と思われていた)こたつが、開催から8年目にして、今年初めてイギリスの助成金団体からお金をいただけました。

今年はAnim18にも仲間入りできて、そこはからも助成してもらえ、いろいろと関わりを持てる団体が増え、そのことによってこたつ映画祭の名前をより多くの人々に知っていただけることができたと思います。

まだまだ助成金の報告書作成に追われていますが、とりあえずひと段落。

また時間を見つけて、Chapterでのこたつ映画祭の報告をしますね。

なにはともあれ、今年もスポンサーや応援してくださった方々など、皆様に大変お世話になりました。今後ともこたつ映画祭へのご支援をよろしくお願いいたします。

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム, アート・文化, イギリス | 2 Comments

Chapterでのこたつ映画祭、無事終了!

ちょっと報告が遅くなりましたが、Chapterでのこたつ映画祭、無事に終了しました!今年はブリストルのEncounters映画祭と日程がかぶったせいで、少し客足に影響が出たのですが、それでも毎年来てくださる常連さん、初めて来てくださった方々など、たくさんの方々に楽しんでいただけました。

しかも、今年はどーもくんの20周年!なんと、合田監督にとってのイギリス初の講演ツアーだったそうです。(アメリカには何度か行かれたことがあるんだそう。)キャラクターデザインのワークショップも、監督自らのデモンストレーションはされたことがあっても教えるのはこれまた初めてだったそうで。いろいろ初めてなことが多くて、こたつ映画祭ファンはラッキーでした。

峰岸アニメーターのアニメーションデモンストレーションも大好評で、たくさんの質問が飛び交いました。どーもファンの私は、汗をかくどーもくんが見れて感激!

今年もいつものように、ライターのジェイソンがツイッターなどのSNSにがんばっていろいろ書いてくれたり、いろんな方々の助けによって、なんとかつつがなく終了しました。みなさま、ありがとうございます。

今回のゲストも昨年の伊藤教授とはまた違った魅力をお持ちで、とても楽しかったです。おかしかったのが、合田監督は静かな感じなので、あまり話されないのかな?と思っていると、実は回りの人々をものすごく観察されていて、しかも着眼点が面白い!

今年は、助成金をもらえる団体が去年より増えたので、その分会場アンケートの枚数が増えてしまい、それに今年から観客賞の投票用紙も増えたので、一人に計3枚渡すことに。印刷はしたのですが、それぞれまとめる時間がなかったので、会場でギャリーにお願いすることに。

「これさ、3枚ずつにまとめてくれる?」

彼は快く引き受けてくれて、「こうやったら紙が取りやすくなるよ。」と指でぱらぱらーと紙をはじくと、重なっていたアンケート用紙が少しずつずれて段々になりました。

「なるほど、じゃあやってみるね。」と、マネして指でぱらぱらと紙をめくったのですが、どんくさい私では全然段々にならず。

それを彼はぷっと笑って、全部ものすごくきれいに3枚ずつにセットにしてくれました。(これがほんとにきれいなの、一体なんの職人??)

 その様子を実は観察されていた合田監督。ゲストをヒースロー空港までお送りするときに、

「あれだよね、ギャリーは何も言わずに、きれいにアンケートをセットしてくれてたよね。」

「よくさ、イギリス映画で、執事がいないと何もできない主人がいて、でも執事は主人をちゃんと立ててるという。メレディスさんが服を脱ぎ散らかして、ギャリーがそのあとを片付けていくって感じだよね。」

鋭いコメントに、バカ受けする私。たった数日で、私とかスタッフの本質がゲスト二人には見抜かれてる!その通りです!

後日どーもくんのサイン入りTシャツを贈呈して、このことをギャリーに告げると、怒らずに笑ってくれたのでよかったです。細部を詰めてくれるギャリーがいないとこたつ映画祭は成立しないのです。いつも感謝じゃ。

 さて、助成金の報告書の準備をしながらも、20日のアバリストウィス会場でのこたつ映画祭に向けて、もうひとがんばり。落ち着いたらまたカーディフ会場のことも詳しく報告しますね!ほいでは!

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム | 4 Comments

すごい国だなぁ、イギリス。

さて、毎年進化しているこたつ映画祭ですが、今年もひとつ進展がありました。

去年だめだった某助成金団体と、ミーティングができたのです。(注:もらえてはいません)

毎年イギリスの助成金が取れたらと思いつつ、なかなか取れなくて。去年だめだった某助成金に今年も挑戦するべくガイドラインの書類を見てみたら。

「ぶほっ」

なんと娘と旦那がチャプターで映画見てる写真がガイドラインの表紙に使われてました。

ありえんじゃろーこの偶然。(笑)

しかもこのとき、ちょっとだけ映画館に行って下の子がすぐトイレで会場からでて、そこで戻ろうとしたら下の子が「戻りたくなーい」と言って走り出し残りのプログラムが全く見れなかった、という。

映画館の中にいた所要時間、ほんのちょい。なのにその間に写真を撮られて、それが使われたなんて、あなた奇跡?!

 そのおかげもあってか、某助成金団体とのミーティングが実現し、その内容がこれまた目からうろこというかイギリスの寛容さんにわたくし大感激しました。

映画祭も8年やってるんで、まあある程度確立されてるわけっすよ。

そんな私に、こんな質問がきました。

新しい観客を増やすにはどうしますか?」

新しい?

えーっとぉ。

そこで出た案が、例えばカーディフの貧しい地区に住んでいる子供たちを無料で招待すること。チャプターではよくやっていることなんだそうです。

他にはほかの国から避難している子供たちを招待するとか。

ウェールズでは、特に若い世代が映画館に来るように奨励したり、映像関係のワークショップ支援を行っているそうです。

そこで私がおずおずと、

「あの、ウェールズの観客を増やす、というのはウェールズ人だけじゃなくて、避難している子供たちとかでもよいのですか?」

そこで担当者の方、こう断言しました。

ウェールズに住む人は、どんな人であろうとウェールズの観客です。」

 す、すごい。

これがやはりイギリスのよいところであって、広島出身の私がこたつ映画祭を開催できてるゆえんでもあると思います。人々を受け入れる、という寛容さのスケールが違うわ。

助成金がもらえれるかどうかはわかりませんが、こたつ映画祭も今年はカーディフの貧しい地区に住んでいる子供たちを数人映画祭に招待することにしました。

世の中にはいろんな人がいて、みんながみんな映画を見れるほどお金にゆとりがあるわけじゃない。もちろん生きていく上で食べ物や身の回りの服などの方が優先されるけど、それだけでは人は生きていけなくて、楽しみとか心を突き動かす感動も必要だな、と思うのです。

某助成金団体の担当者の言葉に、はっとさせられました。映画祭って楽しくわいわい、って感じだけど、新しい観客を取り込むことによって、社会性も帯びてくるものなのですね。人生、学ぶことが多いです。

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム, イギリス | Leave a comment

2018年こたつ映画祭のチラシ配布!

今年はありえんくらい暑いです、イギリス。10年住んでてこんなに氷を作った夏は初めて!!あまりの暑さに扇風機を買いました。

さて、ここ数か月映画祭の準備で忙しかったのですがチャプターでの内容が決まりひと段落。映画祭のプログラムアップは今月末ですが、一足お先にちらしを公開。

今年はなんとどーもくんこまねこで有名な合田監督と峰岸アニメーターにゲストとして来ていただけることになりました。

映画祭は今年で8回目、私はイギリス在住10年目。節目の年にこんなに素敵な方々をウェールズにお招きできるとは、めでたいめでたい!

今年はお二方による講演やワークショップ、アニメーション・デモンストレーションなども開催します。

合田監督に絵を教えてもらえるワークショップなんて、とっても贅沢ですね!Chapterに来れる子供たちは幸せ者だわ。

峰岸アニメーターは日本の美術館などでよくアニメーション・デモンストレーションをされているんですが、私は遠方だしいつも行けなくてずっと行きたかったので、もうこたつで開催していただきます!(私)

あとはわたくしごとですが、下の子が今年3歳になり、イギリスのウェールズ地方では3歳児は9月から朝だけ幼稚園に行ってくれます。やっと、毎日日中に映画祭の作業ができる。しかも幼稚園は無料、託児所代を払わずに仕事ができるのは本当にありがたいことです。

無料といってもおやつ代1週間1.5ポンドは払わないといけないのですが、1日子供を預けて38ポンドよりは全然安い。。

子供の成長は早いなぁ。こちらもめでたいことです。

 

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム, イギリス | Leave a comment

カーディフ美術館でアニメの講演を行いました。

現在カーディフ美術館でKIZUNAという日本の展示が行われています。私も声をかけていただいて、昨日の月曜日に行われた美術館ボランティア向けのパーティで、アニメについての講演を行いました。

昔の日本の作品など、たくさんの方々に興味を持っていただいてとても嬉しかったです。

これからもアニメや漫画についての講演をどしどし開催したいので、ぜひお声をかけてください!

KIZUNA

 

Posted in Japan, イギリス | Leave a comment

夫婦そろってインタビューされました。

こんにちは。ちょっとまた今週涼しくなったウェールズです。先日Together and Sunspellという夫婦二人でいろんな方のインタビュー記事を書いている作家さんに、私たち二人もインタビューしてもらいました。

Eiko インタビュー英語版しかありませんが、ぜひご覧ください。

今年はわたし、イギリスに住んで10年目になります。節目の年にこうやって活動をまとめていただいて、嬉しいことです。ここまでこれたのも、こたつスタッフがいろいろ支えてくれてるからだわ。(イギリス人スタッフさん、いつも私の英語をチェックしてくれてありがとう。)

これからも、自立の道を目指してがんばります!

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム, イギリス | 4 Comments

Chuck Steel、アヌシー映画祭でプレミア上映!

あっという間に6月じゃ!こたつ映画祭の準備も忙しくなってきました。

さて、来週から始まるアヌシー国際アニメーション映画祭で、旦那が参加した「Chuck Steel」も上映されます。世界初上映です!

Chuck Steel 

私は行きませんが、旦那は映画祭に参加します。がんばってー。

さて、今年はAnim18関連でカーディフでもアニメーションイベントが多いです。今月28日(火)には、私も大好きなジョアナ・クインのトークがチャプターで開催されます。

Joanna Quinn Event at Chapter新作情報もあるんだって、楽しみですねー。

Posted in アニメ・コミック・ゲーム, イギリス | 2 Comments