夫婦そろってインタビューされました。

こんにちは。ちょっとまた今週涼しくなったウェールズです。先日Together and Sunspellという夫婦二人でいろんな方のインタビュー記事を書いている作家さんに、私たち二人もインタビューしてもらいました。

Eiko インタビュー英語版しかありませんが、ぜひご覧ください。

今年はわたし、イギリスに住んで10年目になります。節目の年にこうやって活動をまとめていただいて、嬉しいことです。ここまでこれたのも、こたつスタッフがいろいろ支えてくれてるからだわ。(イギリス人スタッフさん、いつも私の英語をチェックしてくれてありがとう。)

これからも、自立の道を目指してがんばります!

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム, イギリス | 4 Comments

Chuck Steel、アヌシー映画祭でプレミア上映!

あっという間に6月じゃ!こたつ映画祭の準備も忙しくなってきました。

さて、来週から始まるアヌシー国際アニメーション映画祭で、旦那が参加した「Chuck Steel」も上映されます。世界初上映です!

Chuck Steel 

私は行きませんが、旦那は映画祭に参加します。がんばってー。

さて、今年はAnim18関連でカーディフでもアニメーションイベントが多いです。今月28日(火)には、私も大好きなジョアナ・クインのトークがチャプターで開催されます。

Joanna Quinn Event at Chapter新作情報もあるんだって、楽しみですねー。

Posted in アニメ・コミック・ゲーム, イギリス | 2 Comments

イギリスアニメのセレブレーション!Anim18。

今年はまだまだ寒い、なんて思ってたら急に暑くなりました。

先月の芸大作品上映、大成功で観客に「いろんな作品があって面白い」と好意的に受け入れられました。よかったよかった。

さて、今年はイギリスのアニメーションをお祝いするAnim18イベントがイギリス中で開催され、今月チャプターでも動物農場など様々な素晴らしいアニメーションが上映されます。

実はありがたいことに、こたつ映画祭もAnim18に絡ませていただいて、イギリスに関する作品を上映する予定。Anim18は天下のBFIからの助成金で成り立っているので、そんな大きなとこにこたつもちゃっかり便乗出来るなんて、本当にラッキーです。知名度もますますあがりますし。おほほ。

ぼちぼちこたつ映画祭の準備を今年も行っているのですが、今年も拡大の予感..時期が来て、いろいろ確定したらまた報告します。楽しみ!

ところで、全然話は変わるのですが、イギリスのNetflixでも比較的新しいアニメが見れて、楽しく鑑賞しております。

最近見たのは、アグレッシブ烈子!あまりにも面白くて、一晩で1シーズン全部見ちゃいました。いや〜ラレコ監督すばらしいね。

なるほどな〜と関心したのが、「大人は根回しをする」という発言。そう言われてみたらそうかも〜。私なんて映画祭のためにしてることが根回しなのか準備なのか分からなくなってきてるけど、確かに子供だと「あれが欲しい」「だめ」、手に入らなくてぎゃーと泣く。なんてパターンはよくあるな。

大人になったら「あれが欲しい」となると、確実に手に入れるためにさりげなく様子をさぐり、周りを抱き込み、なんとか手中に納めるべくがんばる。んー、これが、根回しかなぁ?

アグレッシブ烈子、ぜひ第2シーズンもよろしくお願いします。がま口、欲しいなぁ。

 

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム | Leave a comment

藝大作品上映ーカーディフ・アニメーション・フェスティバルとコラボ!

気づいたら、もう4月?まだ寒いです、ウェールズ。

先月はMutant Monstserのカーディフ公演に行ってきました。やっぱりよかった!元気をもらいました。身長152cmの私はどう考えても勝ち目はないので、二階席から見てました。

この国の人、みんな私より大きいのよね。。。

さて、今月はチャプターで19日―22日まで、カーディフ・アニメーション・フェスティバルが開催されます。縁あって、そこでこたつ映画祭プレゼンツとして東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の修了作品2017を上映します。 チケットはこちらから。

去年映画祭に来てくださった伊藤有壱教授のご厚意で実現しました。ありがとうございます。

たくさんの方に見ていただければと思います。

Geidai shorts

最後に、高畑勲監督が亡くなられましたね。「アルプスの少女ハイジ」や「赤毛のアン」を見て育った私としては、とても寂しいです。「火垂るの墓」は文句なしで名作。「おもひでぽろぽろ」もよかったし、「パンダコパンダ」もよかったな。

こたつ映画祭創設時には、メッセージもくださいました。本当にありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム, イギリス, 日本の音楽 | Leave a comment

Wow Film Festivalが来月開催!

2月のイギリス、まだまだ寒いです。

報告が遅くなりましたが、2月4日(日)の「愚行録」の上映、ジェイソンと行ってきました。「愚行録」(ぐこうろく)は、貫井徳郎のミステリー小説が原作。妻夫木聡のちょっと不気味な演技がとてもよかったです。

当日は脚本家の向井 康介氏のQ&Aもあり、小説をどう映画用に話を変えるかなどメイキングの話が聞けてとても興味深かったです。

貫井さんの作品は、「天使の屍と「崩れる 結婚にまつわる八つの風景」しか読んだことがなかったので、これを機にもうちょっと読んでみよう。

さて、ウェールズ近隣ではちょこちょこ日本関係イベントがあって、来月Wow Wales One World Film Festivalが開催されます。

今年も素晴らしい作品が目白押しで、アニメーション作品は3本上映、米林 宏昌監督作「メアリと魔女の花」もトラムシェッド カーディフアバリストウィス・アーツ・センターで、上映されます。

楽しみですね!

Posted in Japan, アニメ・コミック・ゲーム, 日本, 映画 | Leave a comment

Japan Foundation主催の新作映画巡回上映会!

Japan Foundation film tour 2018

今年もJapan Foundation主催、イギリス国内で日本映画の実写映画、アニメ映画の新作巡回上映会が催されます。

アニメだと安藤真裕監督作「ストレンヂア 」が上映されます。

うちから一番近いのは、ブリストルのWatershed。2月4日(日)には、「愚行録」の上映と併せて脚本家の向井 康介氏のQ&Aもあります。

お近くの方も、遠方のかたもぜひどうぞ!

私はどれを見に行こうかしら、楽しみ〜。

Posted in イギリス, 映画 | 2 Comments

Mutant Monsterが3月にカーディフで公演!

一昨年見に行ったMutant Monsterが、去年カーディフに来てくれなくて寂しく思っていたのですが。

今年3月5日にカーディフのThe Globeで公演があります。どうやらMutant Monsterだけでなく、Electric Sixも同じ日に演奏するようです。

今から楽しみです!!

Posted in イギリス, 日本の音楽 | Leave a comment

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

戌年年賀状こたつも今年で8回目、だいぶ落ち着いてきたので本年はもう少し、自分の作品制作の時間も捻出したいものです。

2018年もよろしくお願いいたします。

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭 | 4 Comments

メリークリスマス!

こたつサンタメリークリスマス!みなさま楽しい休暇をお過ごしください。

こたつサンタからの挨拶でした。Ho Ho Ho…

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭 | 2 Comments

第7回こたつ映画祭アバリストウィス会場。

そして、10月28日にアバリストウィス・アーツ・センターで開催された映画祭の紹介です。

えーと、結論から言うとですね。 奇跡が起こりました。

なんと、観客数、去年のほぼ2倍!

 やった〜、ぱちぱち!

 見間違いかと思って3回もBox Office Reportをチェックしちゃいました。

これもジェイソンががんばってFacebookとかTwitterとかいっぱい書いてくれて宣伝してくれたおかげでしょう。あとは、支配人のギャレスさんが、こたつのお客さんが増えるようにと、意図的に「君の名は」とか1年を通して頻繁にアニメ作品を上映してくれて、こたつへ集客が繋がるように戦略を練ってくださったおかげです。

ありがとうございました!

しかも、行ってみたらなんと映画館は、プロジェクターを4Kにしたばかり!映像が無茶苦茶鮮明で、もうすでに素晴らしいアニメがさらに20パーセントましで超傑作に見える!

チャプターよりも、プロジェクターの品質がよいなんて。アバリストウィスに住んでいる人々は幸せですね。

基本的に上映作品はチャプターと同じなんですが、「ソードアート・オンラインーオーディナル・スケール」をアバリストウィスのみで上映しました。(チャプターでは過去に上映していたので。)

いやー、これがまたよかった。私はまだシリーズ2までしか見ていないんだけど、日本のアニメによくある「女子は守られる側」という展開ではなく、男女ともに戦う、というコンセプトが気に入りました。

でもあれよね、みんながみんな、困難に直面したときに戦える強さを持っているわけではないよね。映画では表舞台に立てなかった人に焦点をあてていて、それがまたよかったです。

さらーっとしてるのに、困ったことがあると頼れるキリトくんがそばにいてくれて、アスナは幸せ者ですな。羨ましい!

 

Kotatsu at Aberystwyth

今回来られたお客さんから、「チャプターみたいにお店は出店しないんですか?」など、映画上映だけでなく他のイベントもして欲しいなんて要望もでました。来年某助成金のガイドラインが変われば、もしかしたらここでも漫画のワークショップを出来る、かもしれない?なんてこともあったり。

「夜は短し歩けよ乙女」じゃないけど、長い人生、こうしてこたつとアバリストウィス会場が巡り合えたのも何かの縁。まだ来年のことはわからないけど、もしもいろいろと展開できたら嬉しい限りです。

それではみなさま、来年の8回目のこたつ映画祭もよろしくお願いします。

Posted in こたつー日本アニメーション映画祭, アニメ・コミック・ゲーム | 2 Comments