Category Archives: 未分類

アイルランドに来てます!

アイルランドに来て1週間がたちました。ま〜インターネット環境が悪い悪い。今いる家にはWifiがないので、ジョーディの職場のスタジオか近所のパブに行かないとネットができません。 家の近所にはSparやパブがあるくらいで、あとは岩だらけの荒野?はたまた、はらっぱ?? でもGalwayまで行けばいろんなお店があるので、ちょっと安心。 また落ち着いたら写真をアップりますね!

Posted in 未分類 | 4 Comments

復活!

みなさま、ご無沙汰しております。いろいろあって疲れていたわたくし、日本に2週間帰っておりました。歯の治療と、のんびりしに。 いや〜あれじゃね、私、アニメーション作家を続けたかったら、アニメーション業界で働いちゃいけんわぃね。(笑) ほんま、よく分かりました。これからはぼちぼち遊んで、ぼちぼち自分の作品を作っていきたいと思います。 写真はずっと行きたかった奈良の金峯山寺に納められている蔵王権現。今回足をのばして吉野まで行ってきました。 まるで今回の福島の原発事故について「この東京電力のたわけがっ」と怒っておられるかのようです。いつか機会があって秘仏本尊・金剛蔵王権現が拝めますように..

Posted in 日記・エッセイ・コラム, 未分類 | Leave a comment

人形アニメーションの意味って?

みなさま、ご心配をおかけしました。なんとか少し落ち着きましたが.. Foxのときもきつかったんですが、今回の映画ほどではなかったんですわ。「フランケンウィーニー」はティムバートン作品にも関わらずFoxよりも予算が少ないので、これも撮影の大変さに影響していると思います。 映画そのものはすばらしい出来になっているんですが.. 年々イギリスの人形アニメーション業界では「予算を少なく、作業をはやく」というプレッシャーがかんなりひどくなっています。 人形アニメーションって、そもそもものすごく時間がかかるはずでしょう? それなのに、プロジェクトごとに予算をどんどん削って、スケジュールもがんがんきつくして、さらにアニメーターには、さっさと素晴らしいアニメーションを毎日撮影しろって。 それってどう考えても無茶苦茶でしょう? だんだん質より量、それもスピードをプロダクション側が重視しだしていることがものすごく恐ろしいです。 今回の映画では、数人のイギリス人アニメーターがアメリカに行ってしまっていることもあって(コララインで有名なライカスタジオが新作を作っている のです)他の国からのアニメーターがとっても多いんです。アードマンも海賊の映画を撮影中なので、みんな忙しいってのもあるし。 人形アニメーションに関わる人々の技術は、とても特殊です。誰にでもできることではありません、そういう人たちを大事にしないと… ライカスタジオは3本も映画を作るって噂もあるし、みんな故郷のイギリスなんかさっさと捨てて待遇がいいアメリカに行ってしまうのでは.. ちょっと心配です。

Posted in アニメ・コミック・ゲーム, 映画, 未分類 | Leave a comment

チャプターにて「Ponyo」上映〜

今月、チャプターで宮崎駿監督作「Ponyo」が上映されます。 Wales One World Film FestivalのDidector、ディビッド・ギリアム氏の好意で、この秋に私たちが開催するKotatsu Japanese Animation Festivalの宣伝もかねて、日曜日6時からの上映は私が作品紹介をつとめさせていただきます。 詳しくはこちらに。 カーディフにお住まいの方、ぜひ見にいらしてください。

Posted in 未分類 | 2 Comments

British Animation Awards 3回目

先週の月曜でBAA(British Animation Awards)のイベントはおしまい。上映されたアニメーションは、RCAの不思議な学生作品から、ミュージックビデオまで。 なかでもSimon’s catのシリーズはとってもほのぼのしてていい。お腹をすかせた猫と飼い主の格闘? 飼い主の見てないところで抜け目ない猫が、とってもかわいいのです。 猫と言えば、先週から見知らぬ黒猫がうちの台所の外に座っててにゃーあにゃーあ、うるさい。なぜかうちが我が家だと勘違いしてるみたい。ちゃいまっせ。 さっき近所を散歩してたらお店に「猫探してます」のちらしが貼ってあったので、もしかしたらその猫かもしれない? 2月はイベントの打ち合わせなど、あれやこれやで出かけることが多くて、あまり作品制作が進んでない…それでもなんとか4体縫い終わり、現在5体目を手縫い中。 しかし、まだまだ先が長いよ〜。10分の作品なのに、登場人物の数が多いこと…自分でもあほだなって思うけど、悔いのないようにやりたいようにします。 人形もたくさんあったらサンプルになって便利かもしれないし、展示したりするかもしれないしね?と、自分に言い聞かせて今日も縫い縫いするのであった…

Posted in 未分類 | 7 Comments

あけまして…

みなさま あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。  2010年は秋のイベントと、そこで公開する私の新作アニメーションの制作、あとは夏に帰国する予定なので、これまた怒濤の年になりそうだわ…  なんとか去年のうちに絵コンテは終了したので、今日からはストップウォッチ片手にそれぞれの場面がどれくらいの長さになるかタイミングを計って、作品全体の長さを決めます。10分くらいの作品になるだろうか?以前から少し長めの作品を作りたかったので、今年その夢が実現しそうです。制作の年になりますように。 さて、元旦に何をしていたかというと近所の人たちに混ぜてもらって山の上でクレー射撃をしました。 霜の降りている寒く晴れた日に、もみの木の大群の横でオレンジの皿を打つ.. 私も調子に乗って挑戦。 しかしまず銃が重い。そして私の手がちまいせいか、なかなかトリガーに届かないのです… 「反動がすごいから、銃を肩に押しつけるように、持ってください」と教えてもらいつつ、1発だけ撃ったのですが、 まあ、ほんとに反動がすごい! 片足をあげよろよろと足取りがおぼつかない私。 みんな大爆笑。 本当は1発目をミスったらもう1度撃ってもいいのですが、あまりの右腕の衝撃に「いや、もういいです..」と力なくつぶやいでみんなのもとへ。 銃を肩に押さえてたつもりでも、動いてどーんと腕にきてしまったようです。撃った自分が撃たれたよう。(まあ、きっと本当に撃たれたらもっとひどい衝撃だと思うけど) かっぷくのいい奥さまも挑戦してて、まー撃った後もそのぶれがないこと。 あと、小さな男の子も挑戦してて、またうまくお皿に命中してました。   来年も1発だけ撃ちに戻ってこようと思います。(写真はジョーディくん、左に小さく見えるオレンジの点がまとのお皿です。)

Posted in 未分類 | 8 Comments

ブリストル encounters short filmfestival。

今月はとにかくイベントが多い!なんとも忙しく、ブログがほったらかしになってます。すいません。Fox関連も載せるといいながら手つかず…公約を守らない政治家の気分で良心が痛みます。 今週は、ブリストルで行われたencounters short filmfestivalに行ってきました。 これは実写映画とアニメーションの両方が見れる映画祭で、過去には巨匠レイ・ハリーハウゼン氏が来られたことも。 今回の目玉はロシアのアニメーターAndrei Khrzhanovsk氏のソ連時代の作品上映とトーク。それにロジャーラビットで有名なこれまた巨匠リチャード・ウィリアムズ氏が著書「アニメーターズサバイバルキット」を書き足したExpanded verionの販売を記念したワークショップでした。(写真は著書にサイン中のウィリアムズ氏。横にいらっしゃるのは彼のプロデューサーでもある奥さん。) しかもしかも、その本の内容を彼自らがアニメーション化したDVDも別で販売されていて、(これが無茶高いんだけど、彼の作品とテクニックが同時に手に入れることができると考えれば安いかも)この新しいバージョンの本にはそのちょぴっとが入ったDVDがついてきます。 リチャード・ウィリアムズ氏はとっても面白い方で、「本の重さを感じてください」と言って本を床に落としたり。会場ではトークだけでなく、別売りのDVDからのクリップも上映されました。 「もうCMの仕事なんて絶対しない!って言ってたんだけど、この本のCMを作らなきゃいけなかったんだよ」。2分間のCMには本の表紙に載っている12の登場人物が描かれていて、その絵、動きの美しいことと言ったら!それぞれのキャラクターが別々の個性を持ち、まったく違った登場の仕方で画面に現れます。 御大のお言葉で心に残ったのは「みんなアニメーションは大変だって言うけど、なんだって大変だろう?とっても素晴らしいことだよ、だってすることすべてが他の誰もやったこのないことなんだから。」 自分の作品を作りはじめて、さらに来年のイベントに向けて準備をしてる身としては、「ほんとそうだ〜」としみじみうなずきました。さらっとしているけど、重みのある言葉じゃ。 そのほかに興味深かったのは、「イエローサブマリン」や「スノーマン」など数々の有名なアニメーションを手がけたプロデューサー、John Coates氏のトーク。9時開催と遅い時間だったせいか、あまり参加者がいなかったのが残念でしたが、その分のんびりした雰囲気が味わえました。 「イエローサブマリン」を制作中になかなかビートルズのメンバーが捕まえられないので、たまたま入ったパブにいたジョージ・ハリス氏に似た声の男性を声優として起用したエピソードや、現在ディズニーが3Dアニメーションでこの作品をリメイクしていること、そしてレイモンド・ブリッジズが両親の伝記を描いた絵本「エセルとアーネスト」のアニメーション化を準備しているけど、資金集めが難しいことなど、他では聞けない話がたくさん飛び出しました。 今回のイベントで一番の拾い物だったのは、短いクリップでしたが「スノーマン」が見れたこと。大人になって再び大きいスクリーンで見てみると、なんと映像の美しいこと。マグカップなどのグッズを目にする機会はよくあるからなんだか作品をよく知っているような気がしてたけど、言葉を失うほどの映像美だったこと、さらにそれを忘れていた自分がいたなんて!もう一回見直すきっかけになりました。

Posted in 未分類 | 2 Comments

もう11月..

いつのまにか月も変わり、誕生日もすぎたと思ったらもう11月。今年もあっというまですね.. さて、仕事についてですが…ジョーディの友達が彼の職場に私を推薦してくれたので、そこにすぐ決まる、かと思ったらまったく連絡がありません… また映画で働けたら、というかそのスタジオで働けたら無茶苦茶いい!と期待してたんですが、甘かった。 しばらく落ち込んでたんですが、まあないものはない。悩んでても仕方がないので、働いてて忙しかった時に止まっていた(というか止めていた)すべてのことを現在整理中です。 まだ報告できる段階ではないので詳しくは言えませんが、来年秋にイギリスでイベントを準備していてそれに向けて私も新作アニメーションを作ろうと思い、人形の試作品を作り始めました。 今週電気の人に来てもらってガレージの配線をやってもらうし、Hana’s Helplineで人形をデザインした人に今週会うので私の作品へのアドバイスももらう予定。 イギリスに来て1年たち、ちょっとづつ知り合いもできて生活も落ち着いてきたので、ここらでじっくり自分の作品を作ります。 っていうか! 無理矢理にでも作らんと時間が経つのがはやい。それも年々スピードアップしてる気がする…あーもう気合いじゃ。 はてさて現在、イギリスのマクドナルドでは映画「Fantastic Mr. Fox」とタイアップ中で、ハッピーミールを頼むとFoxのおもちゃがついてきます。マックにはめったに行かないんですが、おもちゃにつられました。写真はアッシュとミセスフォックスです。彼女にはりんご柄の鉛筆も付いてきますよ。他のタイアップもまた載せますね〜。

Posted in 未分類 | 10 Comments

Fantastic Mr. Fox見てきました。

先週末「Fantastic Mr. Fox」を見てきました。イギリス人作家の原作なのに、声優さんがアメリカ人だらけだ、とかアメリカらしさ、イギリスらしさについてちょっとした論争?もあるけどストーリーはとっても面白く、途中でだらけることなく、最初から最後までとってもとっても楽しめました。 映画のラストはとってもアメリカ的だったけどね。 しかし相方が担当したアニメーションを映画館で見る日が来るとは..いい結婚記念日になりました。しかも自分が手伝った場面を大きいスクリーンでみんなで見るのも変な感じ…私は悪役の農家たちが銃を持って隠れているしげみを手伝いました。暗いシーンであまりわかりませんが、みなさんよかったら見てくださいね。 いつかまた映画の仕事に関われる日が来るといいなぁ。 ちょうどロンドンに行っていたときに、中心部にあるGAPのショーウィンドーでは映画のセットが再現されてました。GAP KIDSでのみ、映画にちなんだTシャツが販売されています。大人用はない…んだけど、悲しいかな私、13歳用がぴったりなので愛用しています。 こちらでは今月25日にメイキング本も発売されて、日本でもそろそろ手に入りそうです。 まだ中身をチェックしてないんだけど、相方もちらっとでも載ってます…ように。監督頼みます!(と言ってもこのブログを読むことは絶対ないだろうけど) 映画館で他の予告編を見ていると、なんとセンダック作の「かいじゅうたちのいるところ」が!最初はよくわからなくてどっかで見たことある登場人物だな、と思ったけどまさかセンダックとは!文字通り鳥肌が立ちました。 自分が子供の頃に読んでいた薄っぺらい絵本が、映画になるなんて。どんな世界が繰り広げられるのかすごく楽しみです。秋は映画の季節ですな。

Posted in 未分類 | 6 Comments

やっと落ち着いた…

先週の金曜で人形制作補助の仕事も終わり、石井母たちも無事に帰国して、やっと一息つきました。いや〜忙しかった。 初給料をもらえる仕事は大変でした。きついスケジュールでたくさんの仕事量、私に洋裁の経験が少しはあると言っても、「このキャラクター用に尼さんのヴェールを作って」と言われると型紙から何から自分で作らないといけない。英語で細かいニュアンスがうまく説明できなくて落ち込んだり。すべてが新しく、とっても勉強になりました。もっと洋裁の技術を高めるべく、いろいろ家で作って練習します。 がんばるぞ! そもそも私の仕事は3週間のはずで、それで日本からの来客をオッケーしてたんだけど、渡された契約書に10月16日まで、と書いてある。 え? 聞いてみると「あ〜あみに確かめるの忘れてた、来週、何か用事があるの?」と言われるし… さすがイギリス…(いや、このスタジオだからか?)人々はとても牧歌的です。 次の仕事ももしかしたら決まる、かもしれないんですがまだなんとも言えないので決定したら報告します。カーディフのアニメーションスタジオにも新たな動きがありそう?でまたこれも具体的になったら報告。 Fox関連とかいっぱい書くことがあるんだけど、まずはほったらかしになってるメールの返事をすませてから。ぼちぼち報告していきまっせ。

Posted in 未分類 | 3 Comments