Category Archives: アーマチュア

川村さんのアーマチュアStopMate SMー005 (最新版!)

やれやれ、ジョーディくんも無事にティム・バートン監督の現場に戻りました。 守秘義務があるのでまー詳しいことは言えませんが、ティム・バートン作品にしては低予算な本作、現時点でアニメーターは22人もいるとか、いや〜とにかく人をぶっ込んで締め切りをなんとか守ろうとする段階にそろそろ入ってきたようですな。 それにしても、あまりにもジョーディが私のことを心配するので、よくよく聞いてみると、 どうやら私が平日は一人でいるので、そんな毎日にうんざりし、涙にうちひしがれ、しょぼーんと寂しくしている、 とあくまでも勝手に思いこんでいたらしい… いやいや、それ、誰のこと? まあ旦那が家にいたほうがそりゃあいいけど、好きなイギリスの殺人事件ドラマは見放題だし、一人で気長に買い物はできるし、結構毎日楽しんでますよ、と言うと安心したものの、なんだかそれはそれで不満なようだ..  って、一体どうしろと?? なので、来月はちょこっとロンドンに遊びに行くことになりそうです。やれやれ。 さて、家庭の問題が片付いたところで、去年からアップしようと思って申し訳ないくらいのびのびになっていた、川村さんのアーマチュアのお話。 国内の販売はまだですが、海外ではもうすでに発売されている新しいバージョン、StopMate SMー005 のモニターにならせていただきました。 ちょいちょい、これがね、なかなかええんよ。そこのお嬢ちゃん、1回しか言わんけ、よう聞いとき。 となぜか急に広島弁になりましたが、間接もしっかりしていて、某アーマチュアよりも頑丈だし、骨が太すぎて人形のデザインが限定されることもないし。 時間がなくてまだ組み立てただけなのですが、近いうちに実際にこのアーマチュアでジョーディがアニメーションを撮影しますので、お楽しみに。 

Posted in アーマチュア | Leave a comment

今月のカード教室。

このところ習い事をしすぎて異様に忙しい。おとついは洋裁、今日はカード作り教室だった。 洋裁教室ではまったくのド素人の私が長袖チュニックを作ることに。しかも扱いにくいストレッチ素材。 これには理由があって、カーディフにあるバタフライというお店に買いに行ったら型紙のカタログがいっぱいだった。そこでは好きなのを選んで、その番号を店主に伝え出してきてもらい、更にその型紙を見てどの布を使用するか判明する、というシステムなのである。 きっと分かる人にはぱっと「これは綿を使う」とか分かるんだろうけど、私にはどれが簡単なのか全くわからず、考えに考えたあげくストレッチ素材の布を使う型紙を選んでしまい、そこへあまりに時間がかかるので私が逃げ出したのかと相方が様子を見に来たのでえいや!と決めてしまったのである。 いやはや、どうなることやら.. 教室で型紙を切っていると、隣に座ってたジーンおばあちゃんが「私も若いころは洋裁をたくさんしたのよ〜この型紙いいわね〜。」と話かけてきた。そうなの、ふんふんと相づちを打ちつつまち針で型紙をとめている私。 ん?? ふと気づくとそのジーンおばあちゃん、自分のやりかけのキルトはほったらかしで私の型紙を一生懸命まち針でとめている。 え、頼んでないのに… と思ったけどそういうのはさすがに失礼なので、「まあ私のよりも上手にしてくれてありがとう。」と言うと彼女はまんざらでもなさそう。そしてもくもくと言葉も発さずに作業を続けている。 あまりにもおかしいんだけど、笑うのも失礼かと一生懸命こらえていたら先生が「ここ、どうなっとるん?」とやってきて大爆笑。よかった、やっぱりおかしいよね。 ジーンおばあちゃんはいかにも「えへへ、ばれた?」的な表情を浮かべつつも、あくまでももくもくと。(笑)私が2つする間に残りを全部やってくれた。 みんな笑っているのに、ジーンおばあちゃんは自分がおかしいってことに全く気づいてない。またそれがおかしい。毎回面白エピソードがありすぎてこれは絶対どっかで使わんと!とつい思ってしまう。 下の写真は先月作ったカード。今日はイースターのカードを作ったんだけど、まだ完成してないのでまた次回。 箱から出すとこうなる。

Posted in アーマチュア | 3 Comments

少しづつ…(今月帰国)

はてさて、今月帰国なので段々気ぜわしくなってきました。(すんません、今月の間違い、もう12月だったのね。)町はクリスマスムードで盛り上がってきており、どこのお店もクリスマスプレゼントを買う人々の長蛇の列。 毎日に追われて人形をほったらかしていたので、なんとか帰国までには完成させるよう、今急いで製作中です。 相変わらずスタジオには毎日通って、みんなが暇そうな時にアドバイスを求めたり。 アーマチュアを見せるたびに 「こりゃあいいジョイントだね!誰が作ったん?」と褒められます。 どうやらいいものらしい、知らんかった。 約5ヶ月間、スタジオ内をうろちょろさせてもらって、忙しいときはお手伝いしていたのですが、そしたら私の名前も番組のクレジットに入れてもらえることになりました。すごい! いんだろうか、なんだかまだ実感がわかないけど。 ちなみに本名の方です。イギリス、保守的な人がまだまだ多いけど、こういう柔軟性があるからたくさんの移民を受入れるんだな〜と実感。 ジョーディは前よりはましになったけど、相変わらずあんまり人と話さないので、スタジオのみんなが「あみはここにおって、ジョーディが国に帰ったら?」なんて言ってます。何人かは本気で言っているような…?

Posted in アーマチュア | 4 Comments

やっと、アーマチュアの写真その1

ずっと待ってた人、すいません。やっと少し時間がとれたので、のびのびになっていたジョン・ライトのアーマチュアの写真を。 アーマチュアが大きいのでジョイントも大きく、女手には曲げるのが結構きついです。

Posted in アーマチュア | 5 Comments

アーマチュア始動開始!

さて、先週のこと。さすがに仕事中の忙しいクレアにいきなり「アーマチュアの作り方を教えてください」というのもずーずーしいかな、と思い様子を見ておりました。 ふっと彼女の横を見ると、もう一人の女性が、新しい登場人物の人形の指を接着している。 これだぁ! 実は3年前にジョーディの知り合いにアーマチュアを作ってもらったのですが、機会がなかったのと肉付けの仕方を知らなかったのでほったらかし… そうよそうよ〜今こそ人形を完成すべき! 「クレア、可能だったら時間があるときに指の作り方を教えて欲しいんだけど..」 「今はそれほど忙しくないから、アーマチュアを持って来たら?」 「いいの?ありがとう!」即ダッシュする私。こういうときは俊敏に行動しないといけません。 さっそくナイジェルが作ってくれたアーマチュアを見せると、いい仕事だ〜。と感動するクレア。ジョイントもいいのを使っているそうです。そうだったのね。知らんかった。 まずは指の長さを決めます。それからワイーヤーを切って、ワッシャーに接着。これがなかなか難しい。小さい手のひらに5本の指を載せるのは慣れないと至難の技です。最初に挑戦した左手よりも写真の右手のほうが上手… 明日やり直そうか今も考え中です。 手が済むと、次は肉付け。「次はウレタンかなぁ?」と聞くと「まずはプラスターゾウトで銅と腰を作らなきゃ。」とのこと。 プラスターゾウトは、黒くて固いウレタンのような素材で、造詣するのにとっても適しています。 ねじの部分は覆わないように、今のうちに切り抜いておかないといけません。 写真は胴体部分。通称「Death Glue(死ののり)」というとんでもなくくさくてするめが腐ったみたいな臭いがするとっても健康によくない接着剤を使います。 これが本当にくさい。 接着剤が乾いてもすごくにおいます。   あんまり臭いのでマスクを借りました。 自分のことながら、どっかで見た事ある、この顔.. つぶれあんまん、まるでマリネラ王国のパタリロ殿下のようです。 頭が痛くなる臭さだもん、仕方ないよね。むしろ殿下に似ることを光栄に思わなければなりません。(笑) この机にはもう一人、人形のケアをする人が座っていたのですが契約がきれて今はいません。ちゃっかりそこに居座るわたくし。(座っていいって言われたんですよ、念のため。) 万力で固定したおかげで、こんな風に、しっかりくっつきました。次はカッターで自分の望む形に造詣していきます。 ふう。まだまだ道のりは長いです。    

Posted in アーマチュア | 3 Comments

アーマチュアの値段!

なんとかCMの仕事も終了、喧嘩も終了。「こんなあんぽんたんと付き合っとれんわ!」とあみが緊急帰国する最悪の事態も回避されました。よかったよかった。 ジョーディが巨大アーマチュアの制作者ジョン・ライトに聞いた所、今から同じ物を作ってもらったら1400ポンドするらしいのです。彼はジョーディがいくらで買ったか知りたがっているそうですが、まあそこは本人には内緒で… そもそも巨大アーマチュアは今から10年前、カーディフで行われたアニメーション展示用に作られたそうです。前の持ち主が一目惚れして、拝み倒して売ってもらったわけですが、ただのインテリアに成り下がってしまった。もちろん、それもそれでありなんだけど。 それにしても、今回たまたま仕事で、たまたまブロードストロークで撮影することになって、たまたまスタジオの人がアーマチュアを処分したがっていて…色んな人のおかげで、偶然が重なって購入できたんだと思います。 運命の巡り合わせって本当に不思議。ありがたやありがたや。

Posted in アーマチュア | 2 Comments