Category Archives: かぎ針、編み物

ビバ!Wonderwool。その2

さて、前回紹介できなかった残りです。 ロンドンとか他の会場ではなかなか見れないと思うんですが、Walesでは毎年羊も参加します。今年もシェトランドから羊がやってきてました。 白髪のおばあちゃんが「あんたら、どっからきたんね。ほーね、どうやってきたん?」と羊と語らっていました。ほほえましいですね。(え?広島弁じゃないだろうって?) それにしても、羊やアルパカのいるコーナーはくさい。まあ動物だからね。                             さらにウェールズならでは、手編みのドラゴンもいました! ウェールズは上から見たら竜の形に見える、と言われていてあちらこちらでドラゴングッズが販売されてます。後ろで立ち話をしてたおばちゃんたちのおしゃべりを盗み聞きしてたら、なんとこのドラゴン、完成までに9ヶ月かかったそうです!すごい執念。 このうろこも一枚一枚棒針とかぎ針で編んでありました。ほんとに、イギリス人の編み物にかける情熱には目を見張ります。そしてみんな楽しそう。 やっぱり人間趣味は必要だよね、とくに年金生活者になったら何かいるよね、と今から老後に向けて編み物技術を磨かなければならないな、と確信。 え?準備するとこ違うって?         最後に、なんとも珍しいことにさをり織りの展示もありました。こちらは姫路市にあるさをり工房ゆうを訪れたイギリスの人が気に入って、ゆうの作品を販売、そしてさをり織りのワークショップも開催されてるそう。 現在Japan Dayにも展示をしていただけないか、交渉中です。おたのしみに。    

Posted in かぎ針、編み物 | Leave a comment

ビバ!Wonderwool。

さて、先週の土曜日ジョーディがドイツへ向かった同じ時間、私は年に1度の編み物の祭典、Wonderwoolに参加してました。 とイベント報告前に、業務連絡。残念ながら「Chuck Steel」は映画祭で何も賞を受賞できませんでしたが、たくさんのお客さんに見てもらって、なかなか好感触だったそうです。 それとたった今Japan Foundationから手紙が来まして、今年も助成していただけることになりました。しかもかなりの金額アップ!!こ、これで首の皮がつながりました。ちゃんと各所への支払いができそうです。あ〜よかった。ほんとによかった。 話は本筋に戻して、Wonderwool。結論から言うと、ものすごく楽しかったです!一時不況のために出店数も減って、寂しい感じな年もあったんですが、なんと今年は今まで行った中で一番規模も大きく、展示も見応えがありました。 そして今年の特徴は、原毛を手で紡いで毛糸にするお店がたくさんありました。こういう写真のような手紡ぎ機(なんて言うんでしょう?)もたくさん売ってたし、ラグを編む木の枠も売ってたり。 うちから遠くないところにこの手紡ぎのグループがあるので、いつか行って見ようと思います。                                            フェルトの作家さんたちも多くて、珍しいことに日本から出店されてる太田光美さんもいらっしゃいました。見て下さい、このアルマジロ!すごい造形力です。 他の作家さんたちはまた次回紹介しますね!

Posted in かぎ針、編み物 | 5 Comments

うさぎ年にちなんで。

はてさて、年明けからのごたごたのせいで、すっかりスタートが遅くなってしまった2011年。作業がものすごく滞ってしまい、ほったらかし用件が山 積み..ホームページのリニューアルも12月にとっとと済ませるはずが、気づいたらもう1月も半ば。ぼちぼちキャッチアップしていかんといけません。 あまり長すぎる休みもよくないもんじゃね。 イギリスにいると干支を忘れがちですが、うさぎ年ということで編みぐるみを作ってみました。今日自慢すべく、かぎ針教室に持って行ったらみんなが、 「ま〜かわいい、いいじゃない、テディベア」と連呼。 こら〜こら〜うさぎだっっ!! ちなみに編み図はこちらの本から。 Knit, Purl, Save the World: Fabulous Knit and Crochet Projects for Eco-Friendly Stitchers 価格:¥ 1,979(税込) 発売日:2010-02-26 この本の題名を直訳すると「表編み、裏編み、世界を救う」とかなり壮大ですが、ようは暖かい毛布を被って、暖房の温度を低くしようとか、いらないT シャツを裂いて編んでかごを作ろうとか。でもおしゃれな編み図が多いので、貧乏くさい感じは全くなし。このところ、この手のリサイクル編み物本が増えてきています。 それにしてもだんだんこのブログが編み物関連ばかりになってきて、いかんいかん。今年はもっとアニメーション関係のことを書いていかないといけまへんね。 編み物の腕前もだいぶ上達してきたので、近い将来編みぐるみキャラクターのアニメーションも作りたいな、とあくまでも関連性を示唆しておこう。

Posted in かぎ針、編み物 | Leave a comment

毛糸だま〜憧れのフェアアイル

さて、少しづつ編み物の腕も上達してきて、段々簡単な作品では物足りなくなってきた私。挑戦してみたいけど、ちょっと難しいかな?と近い将来編んでみたい、恋い焦がれているプロジェクトは、フェアアイルです。 Euro Japan Trading Coを経営されている横山さんに初めてお会いしたのは、ロンドンで開催されたThe knitting and stiches showでのこと。日本人の方の出店は珍しいことと、なによりも当時はまだ編み物をしてなかった私にはま〜ものすごい細い毛糸で細かい編み目の手袋を編まれている姿はただただ衝撃でした。 後で一緒に行った石井母が欲しいというので特別に編んでもらいました。 横山さんはこたつにもとっても理解を示してくださって、こちらの素敵な帽子も景品として寄付してくださったり。映画祭にも悪天候のなか、遊びにきてくださいました。 この帽子がまた本当にかわいくて、景品とは知りつつこっそり被ってしまった私にま〜サイズもぴったり、それにとっても素敵(私ではなくあくまでも帽子です)なのでこの水色の図案違いを2つ購入しました。イギリスなので税込みで1つ20ポンドだったんだけど、日本円だと約3000円で、それでも安いいよね? 帽子の色違いはこちらへ。日本からも購入できます。 その横山さん、毛糸だまの最新号でシェトランドについての巻頭記事を書かれています。この記事がまたとっても興味深くて、ふむふむと読んでしまいました。一番びっくりしたのは、「スティーク」という技法。なんと「裾から首まで輪のままのままの状態で編み、袖ぐり、首の部分を、はさみで切り開いて目を拾い、袖や衿を編みます。切り開いた部分は、後で丁寧にまつります。 (雑誌より本文抜粋)」 というもの。 え、編んだものを切るの?とびっくりしてしまいますが、確かにこんなに細かい編み図でスリットを入れたりこちょこちょするのは混乱してしまうかも.. いつかシェトランドに行ってみたくなる特集号でした。 毛糸だま No.148(2010年冬特大号) (Let’s Knit series)価格:¥ 1,365(税込)発売日:2010-10-25

Posted in かぎ針、編み物 | Leave a comment

行きつけの図書館でかぎ針ワークショップ。

映画祭も終わったし、毎日遊んで暮らすはずが残務整理や来年開催に向けての助成金打診、景品寄付依頼のメールに追われ、相変わらずこたつの奴隷な日々.. しかし、皆の衆、今月はお楽しみがあるんじゃよ! それは私がいつも本やDVDを借りるために最低週2回は通ってる近所の図書館でのかぎ針のデモンストレーション。 ここの司書の女性たちはとってもいい人々で、自分たちも習いたいからぜひ、との希望で開催の運びとなりました。 当日は相変わらず地面が凍結している寒い日だったので、残念ながら初心者の参加者は2人。 でもまあ狭い図書館なので、教室の生徒さんも遊びに来たらもうスペースいっぱいになってしまったから、ほどよかったかも。 イギリスは本当に不思議な国で、「編み物はできるんだけど、かぎ針だけは分からないのよね〜」なんていう奥様がたがものすごく多いんざますのよ。かぎ針の方が簡単なのにね? このイベントのためになんと広島のチューリップ株式会社がどどーんとサンプルのかぎ針をたくさん寄付してくださいました。ありがとうございました! 今回は導入だったので先生の話だけだったんだけど、来年から超初心者用の教室を図書館でも開催することになりそうで、そのときにETIMOをおばあちゃんたちに使用してもらう予定です。 って、今チューリップのリンクを貼るためにサイトを見たら、みてっっっ!! ピンクのかぎ針セットが出てる!! かわいい〜。しかもやたみほさんがコメントされてるし〜。 あ〜ほんと、編み物は心を平らにしてくれるし、本当にいいわ〜。そうじゃないとストレスたまりまくって毎日ぶちぎれてるところだわ〜。(え?十分きれてるって?) 他にもアニメーション関係/編み物関係、ブログに書くことがいろいろあるので、みなさまお楽しみに。

Posted in かぎ針、編み物 | Leave a comment

心のオアシス、かぎ針..(心がちょっと遠くへ行ってます)

あ〜もう10月ですねぇ。こたつももうすぐ、来月ですよ。 ジョーディくんの仕事も順調、来週は私もロンドンに行ってきます。巨匠ハリーハウゼン氏の展示に行ったり、大好きなマイブリッジの故郷を訪ねる予定。 なので… 今週はものっすげ忙しい! 1週間家を空けるので、今週全部片付けておかないと..  は〜。 さて気分転換に、今日も行ってきたかぎ針教室の写真です。前回の寿司、たまごだけ作ってあまりの簡単さにあきた私はハロウィンのかぼちゃを編みました。こちらは尊敬するAlan Dart氏の本からです。 へたの部分に綿を詰めすぎてしまって、なんだかムーミンに出てくるミーみたい? 上の写真はいつも私の左側に座ってるジャン。 真ん中が花になっているスカーフです。 ピンクのくつは先生の新作。やはり仕上がりがきれいです。 自分のアップした写真を見ながらすこしパワーも戻ってきたので、次こそはこたつの新情報をお知らせします。もう少々お待ちを。

Posted in かぎ針、編み物 | 2 Comments

チューリップ株式会社を訪問!

みなさんは広島が誇る、チューリップ株式会社をご存じですか? 失礼ながら私はあまり知らなかったんですが、いろんな手芸品を販売されていて、なんとレース針は国外シェア、ナンバー1だそう。  ことの始まりは私がこちらで購読しているNHKの雑誌「すてきにハンドメイド」にチューリップ株式会社製のかぎ針のセットの広告が出ていたこと。日本と違ってイギリスではなかなかいい手芸用品が買えないこと、私が持っているかぎ針はどれもいまいちなこと、かぎ針教室のおばあちゃんたちがいつも「長時間編んでると疲れる」と言ってるので、これはみんな欲しいんじゃないかと思い、こたつのくじ用にいただけないか、ずうずうしくも聞いてみました。  寄付お願いのメールに返事も来ない会社が多いなか、チューリップさんは映画祭にとっても興味を持ってくださり、どどーんとETIMOのレース針とかぎ針のセットを1セットづつ寄付してくださいました。ありがとうございます!  広島に帰ったときに会社にもお邪魔させていただきました。そこはなんと崇徳中学校の近く!まあ、こんなところに.. 聞いてみるとこのあたりは針の業者さんが集まっている地域だそうで、広島に長く住んでいたのに、知らなかった〜。 写真は販促企画課の大下直治さん。実際にレース針を作られているところも見せていただきました。お忙しい中本当にありがとうございました。 今日からかぎ針教室も再開したので、教室で見せびらかしてきました。私があげたかぎ針をさっそく使ってみるシャロン先生。 「まあ、これグリップがついている針じゃない!なんて使いやすいの!」 棒針と違って編むときによく手をひねるかぎ針は、長時間すると手首など、普段は疲れないところが痛みます。でもこのETIMOはグリップがついているからすごく手になじむし、他のメーカーみたいに針が重すぎないし。 そもそも長時間編むな、って思われるかもしれませんがそこはランナーズ・ハイならぬニッターズ・ハイ、つい完成目指して手が止められないんだよね… 生徒さんの中には、手首を痛めて2回も手術した人がいて(一緒に通っている友人曰く、編み物のしすぎ)、 さっそくETIMOのかぎ針を試して 「この針なら、編めるかも..」 と編み物へのあくなく思いをつい口に出し、 「こら、手を休めなさい」と両方に座る友人たちに抑えられてました。休憩も大事よ。 いいかぎ針のおかげで創作意欲がますます高まった私はこの寿司に挑戦しております。なんか、色味が違う?って思う人も多いかもしれないけど、これはあくまでもイギリス版の寿司ですので、念のため。 Gourmet Crochet: 20 Gourmet Treats to Make from the Amigurumi Patisserie価格:¥ 1,101(税込)発売日:2010-05-26

Posted in かぎ針、編み物 | 7 Comments

現実逃避に….編み物本紹介

このところほんと出歩かずに毎日人形を縫う生活。なんとか先週末5体ベッカに渡して、引き続き頭を作ってもらう。 それにしても…もう4月になるよ? なので、もう鳥とか、たことかは彼女に任せて、私たちはそろそろセットや背景作りに意向します。っていうか作り始めないと間に合わないし、手伝ってもらうにもある程度形ができてないと頼めないしなぁ。 とうわけで、かぎ針教室以外ほとんど外出しない私にジョーディがぽつり。 「なんか、このごろおばあちゃんたちにしか会ってないよね?」 いろんな意味で影響が心配らしい。やかましいわぃ(笑)  なんて私の唯一の楽しみは、編み物本を読むこと。 いや〜イギリス、ほんとに種類が多いよ。どれもかわいいしね。あんまり買うとうちの掃除大臣が怒るので、もっぱら図書館で借りています。 まず1冊目はいろんな靴下を集めた「fab feet アンド cosy toes」。これには足袋型靴下や5本指、表紙みたいにペンギンになってるのやら、子供用に靴下にポッケがあって、そこにこれまた手編みのテディベアを収納できる、なんて面白いアイディアもあり。 2冊目は「Vintage Knits」ビンテージの服からインスパイヤされた編み物で、キャミソールとか、首もとにリボンがついたカーディガンとか、どれも奇抜じゃなくて今でも毎日着れそうな服ばかり。 最後は「Knitting Lingerie Style」著者はアメリカ人。表紙を見てもらったら分かるようにカーディガンからパンツ、はたまたガーターベルトまで編んでしまおうと言うもの。 すごいよね。パンツも手編みよ?ここまで来たらそのへんで放牧されてる羊を捕まえて、毛糸も自分で手作りすべき? この本には手編みのレギンスも載ってて、これは冬暖かいかも。こっちって厚手のタイツがあんまり売ってないから。 それにしても、円が強いせいか、洋書がほんとに安い!日本で買いたいくらいだけど、持って帰るのが大変だわ… さて、残念ですがそろそろ現実に戻ります。ではでは。

Posted in かぎ針、編み物 | 2 Comments

2月も寒いの?

天気予報によると、2月も寒いらしい。やれやれ… とりあえず、ハナで人形をデザインした人が手伝ってくれることになったので一安心。 「私でも人形の体は大丈夫なんだけど、やっぱり顔とか重要な部分は仕事がとってもきれいな人じゃないと.. あなたの助けが必要なの、お願い〜」 と拝み倒し、交渉成立。よかったよかった。顔や髪型を彼女にやってもらいます。  相方が仕事を変わるかもしれないので、彼の職場の図書館が所蔵するDVDを見るのに大忙し。(先生はただで借りれるのです)  なんとも素敵な「ブラザース・クエイ ショート・フィルム・コレクション」を発見しさっそく借りてみることに。 いや〜ほんと贅沢なよね。一般家庭でも、お金を出せばブラザーズ・クエイの作品が見れるんよ。私が最期にクエイ作品を見たのはVHSだったので、DVDの画像のきれいさに驚きました。 「ストリート・オブ・クロコダイル」は何度見てもため息が出ます。本当に傑作。2000年に作られた「イン・アブセンティア」も素敵です。現代音楽作曲家シュトックハウゼンとの共同作品で、実在した既婚女性 Emma Hauck(1878−1928)をモチーフにしています。彼女が夫に書いた手紙、それも一枚の紙に何回も何回も上から書き連ねてあって、あたかもブラー効果を生み出しているかのよう。 鉛筆や鉛筆の芯が動いたり、人形が登場したり、それにタイムラップを使った光の移動、いや〜美しいです。 この頃のDVDって作家のオーディオ・コメンタリーも収録されてて、作品の背景がより理解できていいですよね。  写真は人生初のケーブル編みに挑戦した帽子と、かぎ針編みのシュシュ。

Posted in かぎ針、編み物 | 3 Comments

春はまだですか

ここ数日、比較的暖かかったので油断してたら、今日もまた寒い!いいかげん防寒着ではなく、おしゃれ着を着たいものです。 相方がアーマチュアを作り始めました。と言っても全部がプロ仕様ではなく、重要でない人形はワイヤー、歩くキャラは足だけアーマチュアを買うことに。1体はジョーディの友人が作ってくれたのもあるしね。 2体試作の人形を作ったのですが、そんなに悪くないのでその他大勢役に使おうと思ってます。今週は人形アニメーション「ハナズヘルプライン」で人形をデザインした女性に会うので、その人に頭部と髪型はやってもらう予定。その間に私は他の人形に取りかかります。 ジョーディくんがかなり手伝ってくれるので(というか手伝ってもらわないと完成しない) 「いや〜二人の作品だね」と言うと 「自分はまったく関係ない」。 でも一生懸命アーマチュアを作ってくれてるし、かなり関わってると思うけど… あくまでも目立ちたくない人なので、まざりたくないよう。 写真はこのごろ重宝しているヘアバンド。 市販のゴムバンドにかぎ針でこま編み、花を別に編んで縫い付けただけ。簡単にできます。 だんだん編み物ブログになってますが、季節限定ですので春が来るまでしばしお付き合いを..

Posted in かぎ針、編み物 | 3 Comments